2014年04月07日

東本願寺界隈散策 報告

春爛漫の季節になりました。

33031日の両日、堤講師の案内で東本願寺界隈の散策を行いました。

御影堂門前の噴水で集合。桜も咲き始めています。


000-1.JPG


渉成園に向かう正面通で。

001。.JPG


お小屋と呼ばれた詰所。東本願寺寺内町ならではの場所。

それに数珠屋町(じゅずやまち)という音の響きが加わって……。



「しら珠の数珠屋町とはいづかたぞ 中京越えて人に問はまし」(山川登美子)



渉成園(枳殻邸)へ。どんな景色が待っているのでしょう。

P1270965.JPG

臨池亭と滴翠軒 抹茶席と煎茶席の違いや、渉成園の水流など。

ためになるというか、知らなかった話ばかり。

002。.JPG

清冽な「滴翠」の滝はこちら。

002-1.JPG


代笠席(たいりつせき) 煎茶三店の優雅な遊び。ここではとても面白いものも見ましたね!


003.JPG



集まった皆さんの目線の下にあるのは……

004.JPG



亀の井戸! 洒脱でユーモラスな意匠。

005-1 .JPG



立ち止まり、振り返り、思わぬところで思わぬ話の連続。

005.JPG

渉成園の六分の一を占めるという印月池を渡り。

DSCF6135.JPG

P1280027.JPG


傍花閣(ぼうかかく)はその名の通り、桜にかこまれて素敵です!

それに二階に上る階段の話、驚きでした。

007-1.JPG

006傍花閣.JPG


東本願寺、御影堂で─


P1270944 - コピー.JPG


P1270881.JPG



生きた信仰を伝える東本願寺。その典型がここにありました。

007.JPG



世界最大の木造建築、御影堂。
その大きさに圧倒されながら、また話の内容にも圧倒されました。

008.JPG


31日、五色の幕が張られた御影堂。翌日からの法要に備え、準備万端。

009五色の幕.JPG


菊の門から大寝殿を。徳川家と東本願寺の面白い話。


011.JPG
010菊の門から.JPG

堤講師の話は尽きません。まさに圧巻の東本願寺界隈散策でした。


二日間たくさんのご参加をいただき、ありがとうございました。

次回のご案内は計画中です。どうぞおたのしみに!

P1280045.JPG





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



  

 

 

 

 

 

 





 



posted by 清遊 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック