2014年01月22日

平成26年 午歳新春特別講座 ご報告

1月13日、新春特別講座を催しました。

皆さんと新年のご挨拶を交わし、一日講座の始まりです。



まずは「新春の和菓子」講座から。

お楽しみの干支や御題菓子。くじを引いていただきました。

どのお菓子が当たったのでしょうか?(笑)

三種、祝馬・萬里・波静_R.JPG



干菓子は落雁にすはまの押物。まさに和菓子は芸術! 食べるのが惜しかったです…。

P1260605 - コピー.JPG



歌会始と御題菓子から始まったお話。時代は明治にとびました。

CIMG3269.JPG


御所で行われた儀式。輿に乗っておられる御方は? 


今年だからこそ、この絵がご紹介したかったのです。

DSCF4745.JPG



菓子絵図帳の世界。菓銘と京名所が結びついていたりします。

講座風景.JPG 



さて! つぎはお待ちかね、午歳に寄せての小講座。

 
 

馬好きの謎の講師? は馬にまつわる京都の歴史を生き生きと語ってくれました。

002_R.JPG


馬琴と京都? 確かに馬はありますが……。
なるほど! 納得のひと駒(笑)。


午後は伏見の藤森神社に参拝しました。案内は堤講師。

本殿とともに御所より下賜された拝殿。割拝殿の典型です。

P1260768.JPG



絵馬堂にて 

まばゆい金の壁紙の中で、掲げられた絵馬を見上げながら、古今の馬談義に時を忘れました。

001_R.JPG



八幡社にて 

三つの歴史が交錯する藤森神社の秘密、頭をウニにしながら必死でメモを取ります。

004_R.JPG



御旗塚にて  

神功皇后のご聖徳が時を経て腰痛効験となる! 歴史の醍醐味、堪能しました。

003_R.JPG



宝物殿も見学、まさに「勝負」にかかわる鎧や兜、駈馬神事のパネルなど馬尽くしの展示でした。

この日は寒い日でしたが、好天に恵まれ、講座も藤森神社参拝も無事に終えることができました。


さあ、2014年の幕開けですね。 

今年も座学や現地でご一緒に京都を駆け巡りましょう!

本年も倍旧のお引き立てをよろしくお願いいたします。


 

posted by 清遊 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック