2014年01月30日

魅惑の京都 第2クールのお知らせ

京都・清遊の会

 魅惑の京都 ご案内


 弊会では下記の日程で「魅惑の京都」講座第2クール
(京都会場)
開催いたします。
 お誘い合わせの上、ふるってご参加下さい。

※講義はいずれも午後130分から430分頃まで。

2月22日(土) 職員会館かもがわ

「天神信仰と北野天満宮」


 北野天満宮の案内だけではなく、
 天神信仰の起こりと広がりもご紹介します。
 寒門から位人臣を極め、不幸の果てに怨霊と化した
 悲劇の天才、道真の生涯についてもお話します。
 どうぞご期待下さい。



天神 怨霊.JPG 

本殿の後ろに、
いずれ劣らぬ強力な怨霊のオンパレード
なぜこの方々がここに?


天神 上七軒.JPG 

旅情を誘う上七軒のつなぎ団子
この風情もまた天神信仰のなせるわざ


天神 谷保天神絵馬 野暮天語源.jpg 

谷保天満宮の絵馬
ここから生まれたある言葉 ご存じ?



3月29日(土)職員会館かもがわ

「東本願寺の圧巻!」 


 西本願寺と同時に建立されながら、世界遺産からは洩れたのはなぜ?

五度の大火を経ながら、そのたびに巨大になって復活する
 不死鳥の巨刹の魅力を存分にお楽しみ下さい。



東本願寺 亀.JPG 

ユニークな意匠です。
この庭はいつきても飽きませんね。


東本願寺 橋.JPG 

いいなあ! この形、この景色。
この橋、また名前がいいんだなあ!!


東本願寺 視聴覚.jpg 

おやおや、一転して今度は近代的意匠!
新旧が緩やかに交差するお寺、それが東本願寺です。




4月26日(土) 職員会館かもがわ 

「巨刹・知恩院 浄土信仰の総本山」 

     


 知っているようで意外に知らないのが知恩院というお寺です。
 広い境内を隅々まで歩いたことありますか? 
 三門楼上からだけでは決して分からないこの寺の魅力、
 是非お伝えしたいです。

知恩院 五味.JPG 

やはりこの方についてお話しましょう。


知恩院 拝堂内部.jpg 

ここには行かれましたか?
ここに座ってこそ、この寺の素晴らしさがわかります。


知恩院濡れ髪.JPG 

濡髪祠 
この祠の前も後も大事なんだなあ!



 

5月31日(土) 職員会館かもがわ 予定

「天台の眼目 古刹・青蓮院」


 天台宗三門跡の一つ。平安の雅と貴族の風雅、
 そして皇室の縁を伝える古刹・青蓮院。
 もっとも京都らしい寺院の一つがこの寺院だと思います。
 ところでタイトルに「天台の眼目」とつけた理由、
 お分かりですか?

青蓮院 庭.jpg 

ここ、お庭、いいですよね。
たくさんありますよね。
ライトアップだけじゃないんです。
本当の魅力は日常の中に……


青蓮院 青.jpg 

青蓮院といえば青不動。
周辺の話も是非お楽しみ下さいね。


青蓮院 楠.jpg 

見よ! この圧倒的存在感!
皆さんの誰よりも長生きなんです。
たくさんの出来事、見てきてます。


ご参加費 
 全回申込は
12千円を1万円に割引。 
 各回
申込一回3千円。


※お名前、ご住所、お電話、全回か各回かを明記の上、
メール・ファクス
・本ホームページ右上の
「お申し込みフォーム」
にてお申込みください。(前金制)

振込先

・京都銀行  紫野支店(162)  普通3236638  京都清遊の会代表西山祐子

・みずほ銀行 出町支店(587 普通1161285  京都清遊の会


330日(日)31日(月)の両日、
 東本願寺界隈散策を予定しています
 講座とあわせて是非ご参加下さい。
 詳細は別途案内いたします。

posted by 清遊 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック