2015年02月01日

2月 魅惑の京都

二月の講座     講師 堤 勇二

梅の京都(神・花・人)

京都会場(職員会館かもがわ)
2月15日(日) 午後1時半〜   (三千円)

東京会場(きゅりあん)
2月22日(日) 午後1時半〜   (三千円)

二月の講座は京都の梅を巡る旅です。
一口に梅といってもさまざま。
植物の梅、神社の梅、絵画の梅、祭の梅、人の梅……

P1210579.JPG 


さあ! 知らなかった、意外な梅を求めて
 知的な京都を満喫しませんか?



ここはどこ?
3392d8363253585843e934018777f84a99023e9b_02_2_9_2.jpg 
のっけから京都じゃない!?(笑)
実は大阪。 で、梅となんの関係?



この木、なんの木? どこの梅?
DSCF8591.JPG 
背景はある神社の若宮。
右手前の梅が問題。
実はこれも京都ではありません(笑)
奈良、でした。



梅といえばここ!
P1310011.JPG 
まさに神仏同居のイメージ。


葦のまろや、とは何ぞや?
P1310070.JPG 
ご祭神も神苑もユニークです。



ここ、どこ? 
CIMG3146.JPG 
この橋の名前、知ってます?
梅となんの関係?




梅の祭といえば、これ。 北野梅花祭
P1440039.JPG 
でも、最初は梅じゃなかった……。



新顔です。
CIMG3165.JPG 
今年から仲間入りしました(笑)



じゃあ、ここはどこ?
修学院離宮.jpg 
悲運の女王を偲びます。



これは、何? 見たことありますか?
P1060665.JPG 
伏見のあたり……
これは寝てますが。


立ったものもあります。
龍馬忠魂.jpg 
ある人の忠魂碑。
東山のあたり……
梅とどんな関係?



梅の絵といえば、やっぱりこれ。
62art_list_pic1.jpg 
光琳さんの梅


では、これは?
抱一 紅白梅図屏風 出光.jpg  
抱一さんの梅

これも忘れてはいけない!
御舟 紅梅図・白梅図.jpg 
御舟さんの梅


こんなのもあります
梅 花咲く梅の木 ゴッホ.jpg 
ゴッホさんの梅(笑)
変な字(笑)

 


梅はけっこうお茶目な役回り。
 なんか、いけない予感。
菱川師宣 若衆と娘 リッカー美術館.jpg  
         梅はどこ?


な、なにをしとるの?
鈴木春信 水辺梅.jpg 
懸垂ではなさそう(笑)


全部わかりましたか?
とても楽しい話になりそう!
どうぞ、お楽しみに。

P1210580.JPG 



posted by 清遊 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック