2018年10月31日

11月の予定

●東京堤塾 京都雑学講座 東京会場

11月18日(日) 午後1時30分〜3時45分頃

「曼殊院の魅力 天台と天神の風光」


  講師 堤 勇二

   於 きゅりあん 大会議室  (2千5百円)

   (品川区総合区民会館・JR京浜東北線、東急大井町線「大井町」下車)


 単なる寺院ではありません。貴族文化、宗教世界、日本美、
   教養、それらすべての日本力が発露する。
      それが曼殊院門跡です。


DSC08571.JPG DSC08562.JPG

DSC08280.JPG DSC08281.JPG

DSC08576.JPG 
   上の五点の絵、すべて同じ人が描いたものです。
    一人の人間の手だと思いますか? 
   この素養と手技こそ日本の美を築いてきた文化の源。
   

   何の変哲もないように見えるお寺の一光景。 
 しかし、ここにこそ曼殊院の魅力が隠れています。
    そういうことに気付いていただく。
    これこそが京都の寺社案内なのです。


que-14185402139.jpg 
       そしてこの人。
    一体、曼殊院とどんな関係が?
   講師の闊達(勝手?)な洞察と想像力、
      そして独断と偏見。
  しかしそれはちゃんと裏付けあってのこと。
    清遊の会ならではの社寺案内、
     日本文化論が爆発します。
  



お申し込みは右上のお申込みフォーム、メールまたはファクスにて受付しております。

レジュメの都合上、1週間前までにお申込みくださいますようお願いいたします。(前金制)

みなさまのお越しをお待ちしております。

     

    京都・清遊の会 事務局 FAX 075−406−0561

            info@kyo-seiyu.net 


posted by 清遊 at 21:23| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]