2018年09月28日

講座実施のお知らせ

台風接近に伴う講座の実施につきまして


 現在接近中の台風24号の動向につき、当会では本格的な影響は30日午後および夕刻からと推測し、「二つの油掛地蔵 車折界隈の意外な秘密」講座は現在は実施予定です。

 ただ、遠方からご参加の方、使用交通手段の事情等により欠席される方につきましては、今回の参加費はいただかず、次回に繰り越しとさせていただきます。

 また、台風の動向や交通機関の状況によっては中止する場合がございます。
 明日(29日)正午前後に決定の内容を当ホームページでお知らせいたします。

 なお、当日の個別のお問い合わせはお受けできかねますので、当ホームページのお知らせ、及び当日の天候状況によりご自身でのご判断をお願いいたします。




京都・清遊の会 事務局

posted by 清遊 at 10:31| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

9月の予定

●東京堤塾 京都雑学講座 東京会場

 9月17日(月祝) 午後1時30分〜3時45分頃

「聖天と天神 二つの歓喜寺の謎」

    講師 堤 勇二


      於 きゅりあん(品川区民会館) 第2講習室 (2千5百円)

   (JR京浜東北線、東急大井町線「大井町」下車)




●京都雑学講座 京都会場

  9月30日(日) 午前10時〜12時頃

「二つの油掛地蔵 
        車折界隈の意外な秘密」

  講師 堤 勇二


    於 職員会館かもがわ 2階 大会議室 (2千円)

       (河原町丸太町下ル二筋目東入ル。石長松菊園向かい。

          京阪電車「丸太町駅」より徒歩5分)



お申し込みは右上のお申込みフォーム、メールまたはファクスにて受付しております。

レジュメの都合上、1週間前までにお申込みくださいますようお願いいたします。(前金制)

みなさまのお越しをお待ちしております。

     京都・清遊の会 事務局 FAX 075−406ー0561

                           info@kyo-seiyu.net 

続きを読む
posted by 清遊 at 12:50| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

5月の予定

●東京堤塾 京都雑学講座 (東京会場) 

 5月20日(日)  午後1時30分〜3時45分頃

「千日詣の謎を解く」

  講師 堤 勇二

   於 きゅりあん 第3講習室   (2千5百円)
     (品川区総合区民会館・JR京浜東北線、東急大井町線「大井町」下車)



●京都雑学講座 (京都会場)

 5月27日(日) 午前10時〜12時頃

「洛北の古刹・
  曼殊院門跡の秘密と魅力」

    講師 堤 勇二

   於 職員会館かもがわ  二階 大会議室(2千円)
     (河原町丸太町下ル二筋目東入ル。石長松菊園向かい。
      京阪電車「丸太町駅」より徒歩5分)


お申し込みは右上のお申込みフォーム、メールまたはファクスにて受付しております。

レジュメの都合上、1週間前までにお申込みくださいますようお願いいたします。(前金制)

みなさまのお越しをお待ちしております。

        京都・清遊の会 事務局  
          FAX 075−406−0561  info@kyo-seiyu.net 

posted by 清遊 at 18:09| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

2月の予定

京都雑学講座  京都会場


2月17日(土) 午前10時〜1130分頃 


続「歴史の裏表 山科・四宮が伝える光と影の伝説」   


 講師 堤 勇二


       於 職員会館かもがわ  三階 2千円)


(河原町丸太町下ル二筋目東入ル。石長松菊園向かい。

京阪電車「丸太町駅」より徒歩5分



今回は当初予定していなかった「四宮の謎」パートUということで
京都の一回目でも、東京でも、話したい事がのどまで出掛かっても、時間の都合で涙とともに飲み込んだお話を存分にさせていただきます(笑)。



DSC03928.JPG
このでかい塔はいったい何? 
日本一の石塔なのです。

DSC03972.JPG
この塔の話をするならこのお堂も。

DSC03975.JPG
さ、賽銭箱の上に牛が!


DSC03947.JPG
このお堂を語るなら当然この供養塔も。



DSC03869.JPG
そしてこのお寺を紹介するなら当然話題はこの寺に。
かつて蝉丸神社を介して琵琶法師や浄瑠璃、歌舞伎役者の免状を支配したところ。



近松寺 弁財天社全体.jpg
本堂の隣には弁天堂。



近松寺 豆粉地蔵.jpg
その傍らにひっそりと地蔵堂。



近松寺 豆粉地蔵の口 .jpg
この地蔵様の口はなぜこんなに黒いの?



三井寺力餅.jpg
この話に欠かせないのがこのお餅。

脱線に次ぐ脱線……。
いったいどこまで話題が逸れたら気が済むの?

まさに京都雑学講座の面目躍如!

も、もしかしたら今回も最後まで出来なかったりして……。

というのは冗談ですが、こんなに話題が途切れず
広がりと奥行きを示してくれるのも京都ならでは。

もしかしたら講師がやりたいのはこんな講座なのかも。
どうなるか分かりませんが、是非お付き合い下さいませ。




東京堤塾 京都雑学講座 東京会場 


2月25()  午後1時30分〜3時30分頃


 「京都の川橋 知られざる歴史」


 講師 堤 勇二


       於 きゅりあん 第2講習室   25百円)


             (品川区総合区民会館・JR京浜東北線、東急大井町線「大井町」下車


お申し込みは右上のお申込みフォーム、またはファクスにて受付しております。

レジュメの都合上、1週間前までにお申込みくださいますようお願いいたします。(前金制)

みなさまのお越しをお待ちしております。

                      

                         京都・清遊の会 事務局  FAX 075−406ー0561 


posted by 清遊 at 14:11| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

お知らせ

妙心寺現地案内はおかげさまにて無事終了いたしました。
大勢のご参加をいただき、ありがとうございました!


妙心寺現地案内に関するお知らせ

11月28日(土)の妙心寺現地案内は、当初

大心院 と 桂春院 の二塔頭の拝観

を予定しておりましたが、人数の都合により

法堂・方丈・明智風呂 と 桂春院

の拝観を行うことにいたしました。

当日午前中に法堂の見学を予定しておられた方は
恐縮ですが、ご変更いただければ幸甚です。

当日は退蔵院の他、大法院も特別公開されています。

大法院は来年の大河ドラマの主役、真田幸村ゆかりの塔頭です。



DSCF3902.JPG 
法堂 狩野探幽渾身の龍

DSCF2440.JPG 
桂春院 真如の庭

当日は多人数様となりましたので
何かとご不便、ご迷惑をおかけすると存じますが
全力でご案内させていただきますので
なにとぞご海容賜りますようお願い申し上げます。


集合は午後1時、妙心寺南総門前です。
くれぐれも時間厳守にてお願いいたします。


京都・清遊の会


posted by 清遊 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

源氏物語 絵画展のお知らせ

 中村帆蓬さんの

 古典を楽しむ 「源氏物語」 挿絵展 Y 

            
          ─
若菜 から 幻 ─ 

     
         11
26(火)〜 121() 11時〜6時(最終日5時まで)

      於 ぱるあーと (京都市上京区西洞院通丸太町一筋上ル)



錦秋の頃となりました。

中村帆蓬(はんほう)さん「源氏物語」挿絵展が催されます。

P1230811.JPG


古典絵画を品格あるタッチで描く中村さんの画、もうおなじみですね!


今回のPART Y は、「若菜(わかな)上 〜 幻(まぼろし)」(34帖〜41帖)。

若菜上、若菜下、柏木、横笛、鈴虫、夕霧、御法、幻の巻。

王朝人の織りなす典雅な世界にも哀感ただよう場面が見え隠れしています。


ぜひともお誘い合わせの上お出かけください。


P1230812.JPG

 1128日午前11時より 
   中村さんによるストーリーと絵画の解説が行われます。
                  (資料代5百円要)
    
   ご希望の方は下記までお問い合わせください。

                
               
京都・清遊の会事務局  
                             Email: info@kyo-seiyu.net


P1240301.JPG 


 

 

posted by 清遊 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

清遊ブログ    亥の月、亥の日に

11月に入り、いよいよ秋も深まってきました。

京の北郊、鷹峯・源光庵では薄や色づき始めた紅葉がやわらかな景色を見せています。

源光庵.JPG



さて和菓子好きにとっては
11月といえば「亥の子餅」。

先日、二条通り寺町東入の京料理「二條 ふじ田」に出かけ、美味しいお料理の最後に出されたのが今年初めての「亥の子餅」でした。

DSCF4057.JPG

ほかには光琳菊の薯蕷饅頭と可憐な桔梗をあらわした外郎製。

秋の到来を感じさせる和菓子です。

DSCF4052.JPG

DSCF4054.JPG
             (いずれも二條若狭屋製)


亥の子餅はほかにくらべて地味なお菓子ですが、じつは京都ではこの時季のたいせつなお菓子です。


平安時代に遡りますが、陰暦10月の亥の日、禁裏では御玄猪(おげんちょ)の儀式が行われていました。
御玄猪の式は、10(亥の月)の亥の日に行われ、無病息災と、猪の多産にあやかり子孫繁栄を祈ったもので、天皇から官人に餅を賜わる行事でした。

餅は、赤、黒、白の三色で、官位によって餅の色や数が決められ、紙に包み、初めの亥の日には菊の葉を、中の亥の日には紅葉の葉を、下の亥の日には銀杏の葉を添え包んで下賜されたといいます。

玄猪包香合.JPG 

玄猪包香合 中村帆蓬画 
江戸時代の陶工で優れた芸術家でもあった仁清が
玄猪包の意匠を香合に見立てたもの。



餅は、大豆・小豆・大角豆
(ささげ)・胡麻・栗・柿・糖(水あめ)の7種の粉で作ったといわれ、現在、玄猪の餅に由来する亥の子餅は京の和菓子屋ではそれぞれに中身を工夫して作られています。


11
1日、京都御所の西向かいにある護王神社では亥子祭が営まれ、亥の子餅を舂(つ)く神事が古式にのっとり行われます。

亥の子祭3.JPG 護王神社亥の子祭 御舂(おつき)の儀

亥の子祭 (2).JPG 御玄猪調貢の儀 御所の清所門にむかう。


護王神社では狛犬のかわりに狛いのししが相対しているのをご存じの方も多いでしょう。

護王神社.JPG

護王神社狛いのしし1.JPG 護王神社狛いのしし2.JPG


護王神社は和気清麻呂(わけのきよまろ)と姉の和気広虫(ひろむし)がお祀りされていますが、ちょっと由緒をひもといてみましょう。

奈良時代末、称徳天皇は弓削道鏡(ゆげのどうきょう)という僧に信頼を寄せ、天皇の位を譲ろうとされました。そして宇佐八幡宮のご神託を受けに清麻呂をお遣わしになりました。
しかし清麻呂は、皇位には皇族をあてるべしとの神託を上奏したのです。
道鏡の野望から皇統を守護した清麻呂はそのため道鏡の怒りにふれ、穢麻呂
(きたなまろ)と名を変えられ、足の腱を切られ大隅国(鹿児島県)に流罪となりました。
大隅に向かう途中、宇佐八幡に立ち寄ろうとすると、どこからか現れた三百頭のイノシシが清麻呂の輿を守り、宇佐へ清麻呂を無事に送りとどけました。
そして宇佐に着いた時には清麻呂の足も平癒していました。この故事にちなみ猪が神使となったといわれています。


和気清麻呂はのちに復権し、桓武天皇のもと平安京の造営大夫となって活躍しました。

清麻呂の御廟は高雄の神護寺にありますが、明治になって御所の西の現在の地に護王神社として遷座されました。

和気清麻呂御廟.JPG

CIMG5242.JPG
 
           神護寺の和気清麻呂公廟所


清麻呂像.JPG
護王神社の清麻呂像



また洛西の愛宕山に鎮座する愛宕神社も猪を神使としています。


社殿や鳥居に彫り物が見られ、神仏習合時代には勝軍地蔵と摩利支天をお祀りしていました。

摩利支天は日月の光を神格化したもので、天女の姿で足元に猪を踏んでいることから神使となったとされます。

摩利支天.jpg 

摩利支天 一切の災難を除き、身を隠す術を得ると信じられ、
武士の守護神としても崇められられた。



11
月亥の日に行われる例祭では火難除けと子女の良縁があるよう祈り、家では萩の餅を配り、炬燵(こたつ)開きを行ったといいます。この日に炬燵を開けると火難を免れるのだそうです。

愛宕さんの「火迺要慎」(ひのようじん)の祠符は京都のどこの家にも台所などに貼って火難除けとされ、京都で火伏せの神様といえば愛宕さんということになります。

また萩は樒(しきみ)とともに愛宕山の名物とされ、「萩に猪」は愛宕さんにとって欠かせないものでありました。

「獅子に牡丹」と同様に「萩に猪」は今では花札に見られるくらいではないでしょうか。

摩利支天は禅宗や日蓮宗の寺院にも勧請されています。

東山建仁寺の禅居庵、西陣の本法寺には摩利支天堂がありますね。ほかにももっとあるでしょう。



堀川寺ノ内の本法寺は静かな佇まいの寺院ですが、近辺にも宝鏡寺や表千家、裏千家などの茶家があり、しっとりした雰囲気を味わえるところです。


P1100617.JPG
                       本法寺 楼門

P1100598.JPG

P1100587.JPG

本法寺境内 
現在本堂修理中のためお庭は見学できませんが、多宝塔建築や開山堂、
本阿弥光悦手植えの松、長谷川等伯像などを見ながら散策を楽しめます。いいところです!

P1230163.JPG


P1100626.JPG 

         本法寺の摩利支天堂と堂前の狛いのしし



本法寺を出るとお向かいは裏千家。軽快な屋根の兜門が見えています。

P1230143.JPG
                 裏千家今日庵

P1230150.JPG

                 表千家不審庵

P1230147.JPG


本法寺の向かいは裏千家、そして表千家があり、内弟子さんや着物姿の女性などお茶にかかわる人たちが行きかいます。
近辺には職家、茶道具屋、和菓子屋、和傘や和装の店などがあり、京都らしさが感じられる場所でもあります。


11
月は茶家では風炉をしまい、炉を開く炉開きの時季となります。

また春に新茶を詰めて保管しておいた茶壺の封を開ける「口切」(くちきり)にあたり、口切や炉開きの茶事、茶会が行われます。茶の湯の世界ではまさにお正月ともいえる行事です。

この口切や炉開きの茶によく出されるのが亥の子餅。

茶の湯にことよせて千家の近くにあります茶道具店、平松栄祥堂で猪にちなんだお道具を見せていただきました。

安南写いのしし香合.JPG

          安南写 猪香合 久世久宝作

膳所焼茶碗.JPG

        膳所焼 猪の画茶碗 岩崎新定作


お茶碗のなかでいのししが駆けているようですね。

栗の絵のお茶碗でお茶をいただき…。

P1230448.JPG


紅葉のお茶碗も拝見し─

こんな錦繍の景色ももうすぐですね!

永楽即全造紅葉の画茶碗.JPG

              仁清写 永楽即全造



さてさて、亥の日には建仁寺の塔頭、禅居庵にお参りしました。

何を隠そう、じつは亥歳生まれなのです。

禅居庵摩利支天.JPG


P1230910.JPG

禅居庵摩利支天堂.JPG
               摩利支天堂

P1230900.JPG

参道には山茶花がたくさん咲いていました。 


お参りのあと、近くの鍵甚良房へ。

鍵甚看板.JPG


これが今日の眼目??(笑) 鍵甚の亥の子餅。

亥の子餅4.JPG

亥の子餅1.JPG


まるで瓜坊の背のようなお餅のなかにはなんと柿、栗、銀杏が入っています!

P1240011.JPG


亥の子餅には肉桂が入っていることが多いのですが、肉桂の香りはなく、胡麻の風味とあっさりしたこし餡が中身を引き立てていました。一風変わった亥の子餅ですが秋の木の実が現代風です。


亥の日に亥の子餅をいただき、今日の取材は終了となりました。


美味しいものをいただける幸せ。そしてこんな楽しい町歩きができる幸せ。

秋の空気をいっぱいに吸って、快復した足で、また京の町を元気に歩ける喜びをかみしめた一日でした。

002.JPG

posted by 清遊 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

魅惑の京都 東京講座 第2クール

京都・清遊の会主催 東京開催

魅惑の京都 第2クールご案内                    



いつも京都・清遊の会にお越しいただき、ありがとうございます。

東京講座の第2クールは下記の予定で開催します。


 皇室、大社、巨刹……いずれ劣らぬ圧巻のラインナップです。


 お茶に秦氏に天神さんに浄土念仏……。難しいですか(笑)?

 いえいえ、知れば知るほど見えてくるものがあります。

 それが京都の厚み、深み。

 他では決して知ることができない、
 
超ど級の京都の魅力満載の講座です。


魅惑の京都講座 東京開催 日程  

●時間は午後130分〜430分予定


1回 1027日(日)  きゅりあん (終了しました!)  

日本文化の精華 魅力の京都御所

御所建礼門.JPG 

       京都御所・建礼門と紫宸殿大屋根

 

2回 1124日(日)  江戸東京博物館  

茶禅一味の聖地・大徳寺と小徳寺?

P1220111.JPG
         
二重額の意味は? 大徳寺三門



3回 1223日(月祝) 江戸東京博物館  
巨刹・知恩院 浄土信仰の総本山

知恩院 法然画像.jpg この方の恩を知る寺 知恩院 法然像



4回  126日(日)  江戸東京博物館
稲荷信仰と伏見稲荷大社 秦氏の神とは?


p8256835.jpg

     
くわえているのは何? 伏見稲荷大社楼門



5回  223日(日)  きゅりあん  

左遷された神? 北野天満宮の真実

P1200383.JPG
      
北野天満宮楼門 はてこの門はどこの門?


6回  323日(日)  きゅりあん  

世界遺産って何? 東本願寺の圧巻!

東本願寺御影堂門.jpg
     
この門の扁額、ご存じ? 東本願寺御影堂門         



受講料 

各回お一人3000円  

全回一括お振込みの場合、総額18000円を15000円に割引いたします。

各回ごとのお振込みでも一括のお振込みでも、振込手数料は恐縮ですがご負担ください。



お申込み要領

ファックス、メールまたはこのホームページからお申し込み下さい。

お申込み頂いた方には、ご入金確認後、事務局より参加証を送付いたします。

講義当日にご持参、ご提示ください。ご不明な点は下記事務局までお問い合わせください。

お振込先 みずほ銀行 出町(でまち)支店(587)  普通 1161285   
         名義  京都 清遊の会


申し込み〆切

お申し込みは随時受け付けております。
ただしレジュメ作成の都合上、事前申込制とさせていただきますので、
ご参加回の一週間前までにお申し込み下さい。

京都・清遊の会 事務局   

603-8341  京都市北区小松原北町13530108
TEL&FAX 075-465-9096  
e-mail: info@kyo-seiyu.net  
URL: http://www.kyo-seiyu.net

 



posted by 清遊 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

ご報告とお知らせ

寒さ極まる時期ではありますが、すこしずつ日が長くなって、春の便りが待たれる頃となりました。

京都・清遊の会では、16日、堤講師の「魅惑の社寺 広隆寺」で今年の幕開けとなりました。

上宮王院太子殿.JPG
              広隆寺 上宮王院太子殿


聖徳太子から秦河勝、そして秦氏から日猶同祖論、境内の解説ではご本尊の変遷や仏像の秘密、建築の興味深い話などなど、いつもながらの圧巻の講義が繰り広げられました。

そして19日「京都世界遺産講座 平等院」(京都)、27日(東京会場)が行われました。

いちばん美しい富士山でした。1月27日、東京講座への車中にて.JPG
 27日、快晴の富士



三時間あるのになぜこんなに早く時間がたつのでしょう!!

末法とは? 白川金色院とは? 観無量寿経の十六観想とは? などなど、末法の世にタイムスリップしたかのごとく、講師の語る宗教観に耳を傾けました。

平等院 阿弥陀如来像2.jpg

               平等院 阿弥陀如来像


31日には、「こころみ講座 新年の和菓子と京の菓匠」として中川による講座を持たせていただきました。

干支菓子、御題菓子、老舗の菓子司などご紹介、また、江戸から明治、明治維新からの和菓子業界の復興の力となった出来事などについてお話しし、菓子司「聚光」の珍しいはなびら餅を賞味しました。
質問の手も上がり、最後は食べて笑って賑やかな時間となりました。


CIMG4534.JPG
       驚きの
ロングセラー「不老泉」 二條若狭屋

P1130197 (3).jpg

   パワーポイントはうまくできたでしょうか?()


和菓子の文化にかぎらず、日々の京都暮らしのなかから見えてくる歴史の一端など、またお話しさせていただく機会があればと思います。



京都・清遊の会ではこの春も充実の講座・催しを予定しております。
(なお、2月の世界遺産講座は次ページをご覧ください。)


321日(木)、24日(日)  「八重の逸話と哲学の道散策」講師 堤 勇二
               (雨天時は永観堂見学)
   


新島八重墓.jpg
        新島八重墓所(参考写真)

熊野若王子神社.jpg

                  熊野若王子神社


4
7日(日) 「伊勢神宮の秘密」  講師 堤 勇二

@ 宇治橋 大事なのは太陽ではなく、橋の真ん中のライン.jpg

宇治橋 大事なのは太陽ではなく、橋の真ん中のライン。

A 外宮 御正宮 左の空き地が遷宮予定地 空き地でないのがわかりますか?.jpg

外宮 御正宮 
 左の空き地が遷宮予定地 空き地でないのがわかりますか?


 


4
27日(土) 「和菓子における贈答の文化」    講師 井上由理子

また、東京堤塾は、3月より新たに「魅惑の京都」シリーズが始まります! 


京都も東京も、いずれも他では聞けない、とっておきの内容満載!


各催し・講座のご案内は順次アップの予定です。


本年も京都・清遊の会にお越しいただきますよう
どうぞよろしくお願いいたします!


広隆寺の椿.JPG

                        広隆寺の椿

posted by 清遊 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

清遊ブログ  大田の沢のカキツバタなど

風薫る五月。

季節は移り、新緑が目に染みる頃となりました。

上賀茂の大田神社に出かけました。

001大田_R.JPG


京都に住んでいてもなかなかタイミングよく花の咲く頃に行けることがないのですが、今年の「かきつばた」はどうでしょうか。


神社の辺りは連休が明けたところで、ようやく静けさを取り戻していました。

お参りするより先に大田の沢をのぞいてみます。

CIMG4504_R.JPG


咲いていました! 

見たかったこの景色がありました。

CIMG4513_R.JPG


周囲の新緑に溶け込んだ、紫と緑の見事なこと。

古代より群生しているという野生のかきつばた。

CIMG4495_R.JPG


「神山や大田の沢のかきつばた 
   ふかきたのみは 色にみゆらむ」  

俊成の歌に詠まれた風景は目の前にあります。

CIMG4493_R.JPG

CIMG4487_R.JPG

この大田の沢も、深泥池も、昔、京都が海だったことを示すもの。

今が見ごろで、5月20日頃まで楽しめるそうです。


さて参道を進み、本殿にお参りします。

002大田_R.JPG


大田神社は上賀茂神社の境外摂社で、上賀茂神社より先に祀られていたこの地域一帯の地主神。

そして上賀茂さんの摂社はすべて拝殿を持っていると先日の講座で教わりました。


003大田_R.JPG


御祭神は天鈿女命(あめのうずめのみこと)。

拝殿は割拝殿になっています。


ここで、毎月十日の夜、ちゃんぽん神楽が奉納されます。


参道の両側には白鬚社、百大夫社、鎮守社。 

CIMG4530_R.JPG

CIMG4533_R.JPG

CIMG4532_R.JPG 



参道の入り口には福徳社があります。

CIMG4537_R.JPG



大田神社をあとに、賀茂川の東にある府立植物園のなかの「半木(なからぎ)神社」へ。

半木神社へは北山通り側の入口から入ると近いのです。

半木001-1_R.JPG


半木神社のある「なからぎの森」は周りに池がめぐり、庭園の景をなし、静かで素晴らしいところ。

木々が茂り、下草や土を踏んでの散策は気持ちが休まります。

半木0006_R.JPG  


風が渡ると水面が揺れて。

いつまでも佇んでいたいお勧めの場所です。

こんなほほえましい光景も。

半木0007_R.JPG



半木神社の御祭神は天太玉命(あめのふとだまのみこと)。

半木0002_R.JPG

半木0003_R.JPG

半木0004_R.JPG


この辺りは錦部(にしごりべ)の里といい、カモ氏によって開墾された地で、古く養蚕製糸の業が営まれたところだそうです。

カモ族と秦族の人々がこの業の守護神として四国阿波国から天太玉命を勧請したと伝えています。

CIMG4561_R.JPG


最後に同じく上賀茂神社の末社「小森神社」をご紹介しましょう。
北山通りと大宮通りの交差点から少し北へ行き、東に折れたところ。



CIMG4593.JPG


小森社はなんと緑町公園という児童公園のまん中に鎮座していました!

CIMG4585_R.JPG


CIMG4587_R.JPG


がらんとした公園の真ん中に石垣が造られて、そこに祀られています。


ちょっと珍しい光景。

御祭神は水分(みくまり)神。石段を上ってお参りしました。

CIMG4589_R.JPG


遊具のライオンが狛犬の役割みたいです…。


でもじつはもっと守られていました!


地元にいてしか撮れない写真をご覧ください。

これぞ京都通? それではまた。

CIMG4590_R.JPG












posted by 清遊 at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする